2022/1/21 導入施設一覧更新!!【研究機関】

東京都多摩市との地域連携事業を行っている国士舘大学へ「V-Training」をご納品して参りました。タブレット端末を使用した学習の拡大に伴い、多摩市から調査依頼を受けた国士舘大学のウェルネス・リサーチセンターの活動に当社が協力をし、子どもたちの健康リスクに関する実態把握、および多摩市の児童生徒の健康を守る取り組みを進めて参りました。

 2021年12月には多摩市内の小中学校へ実態調査の一環で、2拠点をサンプリングしてのスポーツビジョン測定を開始。ICT機器の使用に伴い、操作しながら姿勢を崩しがちであることなどから子どもたちの健康を心配する声が挙がっていたことを受け、「V-Training」などの測定機器を活用して、調査研究を行いました。
 調査により、目の健康への不安や首肩のこりが発生しているといった声が聞かれたことから、目の健康を維持するためのトレーニングや、首肩のこりを解消するための体操を取り入れ、加えて、夏休み前から関連するセミナーを開催し、トレーニング法や体操を紹介する講習会を開催。また、情報通信機器の使い過ぎが睡眠にも影響を与えていることなどにも着目するなど、多摩市では対策の範囲を広げていく方針のようで、今後は近隣市などにも周知していきたいと考えているようです。

多摩市との連携事業の様子は多摩地域の地域情報誌『タウンニュース』で取り上げられています!(以下のリンク)

【タウンニュース】

「タブレット端末を使う授業を始めた子どもたちの健康を守る体操などを提案した」

https://www.townnews.co.jp/0306/2022/01/01/605907.html

【タウンニュース】

「市教育委員会「児童生徒の目」守る端末対策 独自トレ導入へ」

https://www.townnews.co.jp/0306/2021/12/16/604559.html