2021/11/03 多摩市「ICTと健康セミナー」が開始

東京都多摩市立の小・中学校では、タブレット端末等ICT機器を活用した学習が進んでいます。児童・生徒がICT機器を活用する社会状況のなかで、多摩市教育委員会の取組で、子どもたちの身体への影響など健康への注意点や機器への正しい知識と使い方を学ぶ講座が開始されました。
1回目の11/3(祝・水)ベルブ永山にて開催された講座は定員を大きく上回る地域の方々にお越しいただき、ICT機器使用時の注意点の確認、タブレット端末等を使った後のリカバリー体操、「スポーツビジョン(動体視力等)測定」の体験などを実施。

また多摩市では、いわゆる「20 20 20」ルール(デジタル眼精疲労を予防するための手法で、「20分ごとに」「20秒以上」「20フィート(約6m)離れたところ」を見る)を採用しています。

ビジョントレーニングセンター東京は多摩市民の健康のための本セミナーをサポートさせていただきました。本セミナーは11/27(土)と12/4(土)にも開催されます。

【演題】

「目の健康を維持するためのビジョントレーニングとリカバリー体操」
  ~「ICTと健康」セミナー~

https://www.city.tama.lg.jp/0000014131.html