V-Trainingは

  


  

多くの人の視覚を

  


  

トレーニング

  

トレーニングの難易度は自由に変更可能。
プロのスポーツ選手から子供、高齢者までチャレンジできるトレーニングメニューを用意。
あらゆる目的に対応しています。
トレーニングメニュー対応表
  • スポーツ選手の競技力を向上させます
  • 子供の視る意識を高めます
  • アンチエイジングにも有効です
スポーツ選手
スポーツ選手は、10項目すべてのトレーニングが必要
サッカー、バスケット、テニス等、多くのスポーツがあります。
「視る」という点では、それぞれのスポーツにとって要求される「視る力「見方」は異なり、
トレーニングによるアプローチ方法も変わってきます。
ほとんどのスポーツは
「視て、判断して、動作する」の連続です。
そして「視る」「見える」は意味が違います。
この点、選手が勘違いをしていたり、
求められている「視るレベル」が、
選手間や選手スタッフ間で
相違があることがあります。
各スポーツごと、またはポジションごとに
求められる「視る力」は変わります。
しっかり「視る」ことで情報という引き出しを多く得ます。
その引き出しの多さが経験にもつながっていきます。
子供
眼のゴールデンエイジでは、外遊びやスポーツが重要
「視る」ということで大切な時期は6歳から12歳と考えられています。
スポーツトレーニングにおいて、最も効果が期待できる年齢が8歳〜12歳までで、
これをゴールデンエイジと呼びます。
視ることで、運動パフォーマンスの向上を図る意識が重要です。
眼のゴールデンエイジ世代の子供は、
屋外での遊びやスポーツが重要で、
子供の心身発達にとって必要不可欠です。
特にこの世代にとって大切なことは考えることであり、
そのための情報収集で「視る」ということの
意識づけが重要です。
現在、子供の電子機器の長時間使用により、
視力低下、近視、コミュニケーション能力低下など、
多くの問題を抱えています。
しかし学習アプリなどにより、語彙力、
学習成績が伸びたなどの統計結果があります。
大切なことは、しっかりコミュニケーションをとり、
電子機器の長時間使用の「制限」というルールを構築致しましょう。
アンチエイジング
脳を広く使う「視覚」から刺激を与えアンチエイジングを図る
神経細胞の減少は記憶力、判断力、適応能力などが衰え始めます。
これを老化と言います。
その脳の老化に対して、「視覚」から外界の刺激を与えることで、脳を広く使い
アンチエイジングを図ることが、健康で長寿でいられる一つの要因と言えます。
シニアの方は身体を動かすことや、
脳を刺激することが生活の中で減少しています。
またコミュニケーション機会の減少なども挙げられます。
頭や身体を使うことで脳が活性化し、
老化予防につながります。
生活の中に軽い運動を取り入れたり
視覚の情報を正確に判断し
運動につなげることが重要です。
その積み重ねが、怪我の予防にもつながっていきます。